×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ビュルツブルク

Wurzburg

nyurunberuku.html
haideruberuku.html
鉄道模型店店員が行く!!
ぐるっと海外鉄道旅行Top.html
 

フランクフルトの宿をあとにして、ビュルツブルクに向かいます。

フランクフルトから一転、田舎町です。

そう言えば、ドイツの駅には写真のようなジオラマが置いてあります。

お金を投入すると運転させることができます。

marklin製のようです。

ビュルツブルクに向かう列車の終点はウィーン。

改めて国と国が陸続きである土地であることを実感します。

オーストリアは隣国です。

乗車したのはICE-Tと呼ばれる列車です。

ICE初の「振り子式特急」です。

カーブの際車体を傾けることによって、スピードをあまり落とさずに走行することができる機構です。

外見上はICE3に似ていますが、赤い帯が正面に回っていないことで判別がつきます。

ICE-Tの車内です。

混んでいたのにあまりおおっぴらには撮影できませんでした。

全ての車両に脱出用の窓があります。

赤いハンマーを使って、緊急時には外に脱出するようです。

きっちりしていますね。

あっという間にビュルツブルクに到着してしまいました。

ビュルツブルクの駅は、あまりぱっとしない駅でした。

ビュルツブルク市街にもトラムが走っています。

街の外れに要塞がある小さな街です。

鉄道駅を挟んで向こう側にブドウ畑が見えたのが印象的でした。

広場に一角がスケートリンクに。

僕はそれを見ながらソーセージとビール。

ものすごく寒かったのですが、

とても美味しかったです。

ビールの名前は「ビュルツブルガー」でした。

他の都市でも見かけたので、けっこう有名なビールみたいです。

教会の多い町です。街の真ん中に大きな川が流れています。

2月のドイツはほとんど太陽を拝めません。

宿。

普通の宿でした。

受付のおじいちゃんが全く英語が話せず・・・

それでもどうにかなりました。

良いおじいさんで良かった。

お気に入りのDERSEYのスーツケースです。

時差ぼけで夜中眠れず。

夜の街をふらふら。

教会が素敵にライトアップされていました。

非常ドアかと思ったら、エレベーターでした。

ドイツには手で引いて開けるエレベーターが、未だに結構あります。

結婚式でしょうか

街を練り歩いていました。

女の子がとても誇らしげでした。

レジデンツ。

ここで政治を取り仕切っていました。

大聖堂です。